スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.07.18 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    夏は坂練!

    0
       ちょっとおかしいんじゃない?
      ちょっとどころかかなりおかしい?
      この暑いのに坂道練習とは・・・
      でも、この時期だからいいのです。

      今日(7/17)はうす曇で少し残念なお天気(笑)
      国道28号線東浦BT交差点を左折して高速バス停までの
      上り坂を上って行く。
      相変わらずの軟弱な脚力に失望しつつ、
      「脚を着かずに登り切る」と言い聞かせながらエッチラオッチラと・・・。

      登り切ったらもっと上へ目指したくなるもの?!
      道路改修工事が済んだようで入り口の閉鎖は解かれていた。
      あわじ花さじきへの裏山道である。
      ところどころに看板が出ている。
      イノシシの防護柵がありますので・・・
      出会いたくはないものだ。

      しばらく登ると、花さじきのど真ん中に出て来る。
      花は見当たらない。
      人も少ないようだ。


      下の方に咲いているのはヒマワリ。


      いい風が吹き渡っている。
      かいた汗が一気に乾いていく感じ。

      そう、これからもっと汗が涼しさに変わって行くんです。
      登ったら下りしかありませんからね。
      花さじきを後にして、さあいよいよ常盤ダム経由で西浦方面への下り坂です。
      ああ!気持ちいい〜〜!!
      それだけのことかいな(笑)

      降りて直ぐのコンビニに3人のライダーを発見したので、私も一服。
      「こんにちは♪「どちらからですか?」
      「明石からです」
      「ようこそ・・・」

      淡路島を半周されている途中の親子3人さん。
      お父さんが50歳で息子さんが28歳、お嫁さんが五色町のご出身だそうで
      話が弾んでしまって長いことお引き留めしてすみませんでした。
      明石にお住まいということでお尋ねすると、
      やはりCycle pro shop135さんをご利用されているとか。
      益々、話が盛り上がって・・・

      「さわやかな」という形容詞がこの人たちのためにあるのではないかと
      思われるほど爽やかな親子3人さんでした。
      それにしても息子さんはおおよそ190cmはありそうな長身でスリムでハンサム。
      (私も若い頃はそれくらいあったかなあ。オイオイ)

      まだまだ話していたかったのですが、
      「またお越し下さい」と申し上げてお別れしました。

      きっとまた何処かでお会いできると思います。

      ツール・ド・フランス 第100回大会

      0
        どこかで放送をしていないものか?
        とテレビ番組本を穴があくほどみつめていたら・・・

        ありました!

        NHK BS102で18:00からとBS101で2:00から。





        みんなカッコいいですよね。
        贅肉なんてありません。
        (そりゃそうだろう)


        こうやってみると傍の女性より小さそうに見えるので、どんな
        体格なのか調べてみた。
        因みに写真のサガン選手は、身長なんと184cmで、体重が73kg。
        うわッ!でかい!!
        私も若い頃はそれくらいあったかなあ(オイオイ)

        今夜放送のある第5レースで日本人の新城幸也の走りが
        みれるかどうかは判りませんが、彼で身長171cm、体重64kgです。

        他にも、
        アンディ・シュレクが186cmで68kg。
        アルベルト・コンタドールが176cmで62kg。
        ピエール・ロランが184cmで71kg。
        マーク・カヴェンディッシュが175cmで69kg。

        こうしてみると
        大体みなさん身長マイナス110くらいがベスト体重のようです。
        私も若い頃は175cmで65kgでしたから、今一度その体格に
        戻してみようかなと考えている今日この頃です。


        神戸マラソンに落選するも・・・

        0
          「落選!」、って何だか耳触りが良くないですよね。
          別に何か頑張った結果じゃないんだから、「はずれ」でいいのだ。
          まあ、抽選にあたったら「当選」だからその反対語には違いないのだが・・・。
          と、どうでもいいことを呟いております(笑)

          そんな訳で、その代わりになる大会を探さなきゃとRUNNETのサイトへ。
          すぐさまみつかったのは京都の「福知山マラソン」。
          ここは抽選ではなく、申し込み順で1万人。
          間に合うのかなあ?
          早速、申し込みボタンをクリックした。

          「OK!」
          よかった〜〜!

          そして、いよいよ本格的に走ることにした。
          目標は月間走行距離200Km。
          福知山マラソンはよく見てみると、37.5Kmの時点で5時間を切らないと失格の様子。
          今の私の実力からするとギリギリのラインだ。
          何としても5時間切りを果たさなくては・・・。
          こんな時に役だっているのが、このiphoneアプリ。






          無料で使えてなかなかのもの。
          新記録を出すと、「おめでとう!新記録達成です」なんて出るのも嬉しい。
          最近日本語バージョンになったのにも有難いと感じている。

          さあ、走って、自転車でも走って、42.195Kmに耐えられる体づくりだ。
          今のところ身長175Cm、体重70.0Kg、体脂肪率15.0%。
          あと2〜3Kgは落としたいところです。

          アイスクリームもいいけど・・・

          0
             夏が大好きな訳は、
            やっぱり少年時代の思い出が「夏休み」に多いからだろう。
            海水浴、入道雲、テニスコート、釣りetc.
            この歳になっても、夏が近づいてくるとワクワクしてくる。
            梅雨とはいえ、炎天下にバイクを走らせるとスタミナが奪われる。
            いつもならアイスクリーム三昧だったのが・・・

            家内がもらって来て飲んでいたのを横取りして飲んでみたら、
            これがなかなかの物。
            車の運転を控えていたりする時に満足させてくれるのである。
            で、から揚げを食べる時にはウーロン茶でもなく、この似非ビール(笑)
            プハーッ!マイウ!!である。

            日が変わって、

            では、この銘柄はどうかな?
            これもマイウ!ほんとビール会社の技術は素晴らしいもんだ。
            どうやらこの夏はこれにはまってしまいそうである。

            あ、そうそう突然ながら、
            今の季節、旬といえば紫陽花の花。
            写真を撮るときには雨に濡れた紫陽花に限る。

            天気なのに何故?

            実はこんなグッズを持ち歩いているのです。
            お試しあれ!

            あんまり暑い時には顔にシュッ!とするのもgood。

            少しは雨が降ってもいいのでは?

            0
               
              昨日の淡路島公園。

              ご覧の通り、アジサイの水が欲しい!と嘆いているようです。


              全体的にも、まだこんな状況です。

              周辺の草刈りをされていた方の話では、
              満開になるにはあと半月はかかるでしょうね、とのこと。

              その前に、花が咲こうが咲くまいが「あじさい祭り」を15日からするのだそうです。

              紫陽花には雨が良く似合うのだから、
              梅雨は梅雨らしくもう少し雨を降らせて欲しいものです。
              ただ、自転車で走るにはうっとうしい話ではあるが。


              淡路島公園に来るまでの途中でみつけた紫陽花。
              紫陽花よりも下のドクダミの花の方が可愛い。

              コンビニでこんな懐かしいタイトルを発見した。

              それはローン・レンジャー。
              小さい頃にテレビでやっていた。
              ウィリアムテル序曲のテーマ曲と共に颯爽と登場し、
              愛馬のことを「ハイヨー!シルバー」と叫ぶ。
              そして、よく覚えていないが二丁拳銃の正義の味方だったと思う。

              ああ、映画化されたんだ〜〜。
              団塊の世代には堪らない映画になりそうです。



              雨の日には雨の中を 風の日には風の中を

              0
                 
                昨日、19日の日曜日は
                3年ぶりの那珂川センチュリーラン。
                今回の参加は私一人。

                雨の日には雨の中を・・・
                の心境で望んだこの日。

                一週間前から天気予報は、一貫して「曇り&雨」
                午前7時半ごろには青空もチラホラ見えていたのに、
                ヤッパリ雨が降る気配。
                スタート時点で大雨ならやめて帰ろうと思っていたが、
                上の写真の通り、8時半時点では一滴も降っていなかった。
                (もう早くスタートしましょう)とは心の声。

                着替えも済んで、車の中で参加者名簿に目を通していると
                「南あわじ市」の文字を発見。
                覚えのある名前の方が2名。
                N岡さんとG藤さん。
                ゼッケン番号を覚えておいて・・・っと。

                開会式の時間が迫って来たので、トイレに行っておこうと
                並ぼうとしたら、目の前にG藤さん。
                やっぱり同年代である。
                話が弾んだ。
                南あわじの参加者はお仲間だとか。
                N岡さんは悪天候で不参加だそうで、
                また今日ご一緒の内のお二人はマラソンもされるとか。



                そうこうしている内に、開会式が始まった。
                本大会も回を重ねて今回で24回目。
                来年は節目の25回ということで更にイイ大会にしたいとのこと。
                今日一緒にランされる県知事も本格的なスタイルでご挨拶されていた。
                兵庫県知事と違って若々しいなあ。

                次々と色んな方が挨拶されるので、
                (もうええ加減にして早く走りましょう)と思っていると、
                大粒の雨がポツリポツリ・・・
                (ほらぁ!)


                ご覧の通り、スタート時点でかなりの雨で地面が濡れている。
                もうこうなったら雨でも槍でも降って来い(笑)。
                開き直るしかない。
                心なしか人が少ないような・・・。


                しばらく走ると雨も小降りになったので、レインウェアを脱ぐついでに
                那珂川の写真を一枚。
                そして、たぶんこれから先、雨で撮ることは難しいだろうから、
                カメラもビニール袋に収めた。

                3年ぶりのコースは、今までよりも緩やかに感じた。
                でも、折り返しの地点まではなかなか着かないなあ、というのが実感。
                後ろから追い抜いていく人も少ないし、前にも人がいない。
                いつものように一人で走っている感じだ。
                それでも普段よりはずいぶんと速いペースで走っている。

                折り返し点でバナナと饅頭などたらふく食べて、早々にスタートする。

                IWASSOというジャージの女の子たちが前方を走っている。
                付いていこうと思って追いついたが、結構なスピードである。
                しばらく付いて走ったが、雨の為、後輪から撥ねて来る雨水が
                まともに当たる。
                たまらなくなって、一気に追い越して行く。
                そして、もうひとつ前方の一団に迫って行こうとするも、バテバテで・・・。

                スピードダウンしたら、たちまちバックミラーにIWASSOの影が映って・・・。
                仕方なく、横に止めてレインウェアを脱ぐ格好をする(笑)

                結局、それ以降追いつくことはなかった(笑)
                (帰宅後、ネットでIWASSOを調べてみると・・・恐れ入りました)
                走り勝つには、10年遅すぎました(笑)


                2時前には走り終えて。
                雨はまだ止みそうもない。


                完走の証。


                参加賞のひとつ。これはイイ!!


                参加賞のひとつ。これもイイ!!(キーライト)
                確かLEDの本家本元ですよね。

                来年の記念すべき25回もよろしくお願いします。
                雨の中、お世話して下さった皆々様に感謝!!です。
                有難うございました。

                そして、今日

                サイクルプロショップ135のマスターに教わった通り、

                「水洗い」

                ワックスを今からかけたいと思います。

                さて、今度は22日のゴルフ。
                どうやら天気がよさそうだ。
                晴れ男も月1回しか効果が現れないのかも・・・(笑)

                那珂川センチュリーランまであと2日。

                0
                   昨日、一昨日とギア交換の感触を確かめるために坂道を何本か走ってみた。
                  ケイデンス用の磁石もつけてもらったので、
                  久し振りに心拍計も付けて走ってみた。
                  随分、楽に上れてるような気がする。

                  心拍数は平地でも130前後は行くのかァ?!
                  ケイデンスは?
                  90台が中心なんやなあ。
                  100を維持するのはしんどいなあ。
                  まあ、プロでもなんでもないのだからアラカンはアラカンらしく
                  楽しく走る方がいいのではないかしらん。
                  そう思う反面、生来の負けん気がムクムクと・・・
                  今まで何を始めても一応TOPを手にしてきたもので、
                  そこらの若いもんに負けるものか、とつい歳を忘れがちになる。

                  ゴルフなら歳の功もあるだろうが、こればかりはママならない。
                  あきらめるしかないのだけれど、あがいてみる。
                  でないと、気が治まらないのである。

                  何回かケイデンス100を出しては嫌になり、Blackさんとこへお邪魔して
                  コーヒーをよばれて帰宅した。

                  ごちそうさまでした。


                  今回、立ち寄った新しいお店「KURUMA28」さん。


                  きれいな椅子だから、
                  私がオーナーなら汗ボトボトのチャリダーは断りますね(笑)
                  もしくは表でよく乾かしてから
                  お入りください、てね。













                  眺めは最高!!
                  きっとオーナーは
                  地元の人ではないはず。
                  そう確信して尋ねたら、案の定。
                  地元出身だが
                  大阪が長かったとのこと。
                  そうなんですよね。
                  地元の方は何故か
                  海辺に
                  喫茶店をする人が少ないのです。







                  今度は妻と一緒に・・・。

                  2年ぶりの明石

                  0
                     明石フェリーがなくなってから、気軽に明石に行けなくなっていた。
                    私は船に酔うので嫌いなのです。
                    でもフェリーくらいの大きさなら何とかなっていた。
                    ジェノバライン・・・
                    見ただけで酔いそう(笑)
                    そんな訳で今日はロードバイクを車に乗せて、
                    久々のCicle Pro Shop 135さんへ向かうことにした。

                    来週の19日の那珂川センチュリーランに出るための点検整備だ。

                    11時過ぎに到着。
                    マスターは少しふっくらした感じ。
                    走り込み不足だそうな。
                    まあ、歳とともに・・・では?

                    一通り説明して、妻と「魚の棚」へ昼食兼買い物に出掛ける。
                    明石焼きを食べて、天ぷらを買って、いちご餅を買って・・・・
                    サイクルショップへ戻ると、もう自転車は出来上がっていた。

                    チェーン交換済み、バーテープもきれいになっている。
                    何より自転車自体がピカピカになっている。
                    え?バーテープは交換じゃなくて洗浄してくれたんですって?
                    有難うございます♪

                    (今度から、ちゃんと水洗いしてワックスがけをします)

                    そして、実は相談です!
                    クランクを50/34に変えたいのですが、どんなもんでしょう?
                    「今、53/39やからなあ。ガクッと走らなくなるよ〜。
                     それよりも後ろの25を28に変えたらどうかな?」
                    「はい、そうしますわ」


                    で、3段だけ交換することになった。

                    やっぱりマスターは信頼おけるいい男ですね。
                    要るもの要らないものの区別を自分の商売に結び付けないところは、流石である。
                    そういえば紹介してくれた私の師匠ciccioさんが言ってたなあ。
                    値段のおまけはないけど、それ以上の目に見えないサービスがあるよ、と。
                    大事なことは目に見えない、てか。
                    人と人の付き合いから物の売り買いは為されるもの。
                    ずっとマスターとは付き合って行きたいと改めて感じた一日だった。

                    マスター!今度は頑張ってお勧めのホイールを買いに来ますわ。

                    Bikers Cafe「circola(チルコロ)と自転車 道の駅あわじ

                    0
                       チャリダー★「めざせ上級 サイクルクリニック」というBS番組を録画してあったのを観た。
                      坂道を登る時の注意点を指摘されている場面に「そうなんだ!」と思ったら、
                      居ても立ってもいられなくなって・・・走りに出た。

                      生来、何でそうするべきなのかを理論的に納得しないと動かない性格なので、
                      この番組のプロライダーの説明の良さに感服!
                      試してみたくなったのだ。
                      実際にやってみて理に適っていると実感。
                      今まで何をやってきたのか?である。

                      坂道を何本か走ったあと、Brackさんのブログにあった岩屋のチルコロさんへ。






                      http://circolo.co.jp

                      因みに、マスターはアイアンマンだそうです。

                      美味しいエスプレッソに舌鼓を打った後、マスターから
                      「東浦の物産展にORBEAを3,000円ほどでレンタルする店があるよ」と
                      教えられ早速立ち寄ってみた。


                      自転車 道の駅あわじ  0799-70-4252

                      レンタルしかしていない、そうで
                      機会の少ないこういうバイクに乗ってみて
                      始めるキッカケになってくれたらいい、とは店長の芋畑さん。

                      確かに、乗れる機会ってなかなかありませんよね。
                      私も、ある方から自転車の提供を受けたからこそ乗り始めたので、
                      現物に、それもORBEAにわずかな金額で乗れるというのは素晴らしいことである。

                      オープンしてまだ4日目。
                      こういった自転車関係のお店が流行ればいいですね。
                      淡路島がチャリダーにやさしい島になりますように・・・。

                      徳島マラソン

                      0
                         
                        (これは神戸マラソンの写真)

                        完走!


                        昨年秋の神戸マラソンを約20分短縮して・・・。

                        天気予報では、1週間ほど前から「曇り時々雨」。
                        でも当日は雲の合間から見える青空が広がりつつある。
                        晴れ男としての面目躍如といったところ。
                        少し寒いが雨でないだけでもラッキーである。

                        スタート地点に近づくにつれて大きくなるキューちゃんの声が、
                        今から始まる42.195kmを何でもない気持ちにさせてくれる。
                        まだスタートもしていないのに、
                        ゴールでのキューちゃんとのハイタッチを想像している(笑)

                        今回が2回目のフルマラソンだが、
                        前回よりも体重が2〜3kg多いのが気がかり。
                        十分走り込んだのは事実だが、ロードバイクでの走行不足は否めない。
                        お腹周りに贅肉がついているのは何故?
                        と、思いながら今日に至っている。

                        案の定、風が強いことに半分あきらめながら淡々と走る。
                        前から若いゼッケンナンバーが落ちてくるのに快感を覚えながら走る。
                        20km辺りから歩く若者たちがチラホラ目立つようになって来た。
                        それを見て「ウォーキング大会じゃないぞ〜〜!」と叱咤激励された
                        神戸マラソンのことを思い出す。
                        益々、(今日は兎に角走りきるんだ!)とつぶやきながら走る。

                        ところが、30kmまで走り続けて来て太もも裏側が異常に痛い。
                        アイシングのスプレーをボランティアの方が施してくれているのを目にして、
                        甘えさせていただいたところ効果抜群!
                        こんなに気持ちがいいものだとは思いもよらず。
                        でもその効果も永遠ではなかった。
                        あと5kmという表示が出て来た辺りから歩く、走る状態に。

                        前回よりは頑張ったつもり。
                        キューちゃんとハイタッチ!!
                        アップアップでゴールインして、少し吐き気を覚えながら
                        応援に来てくれている妻の姿を探す。
                        居た居た「ホッ!」

                        やっぱり脚が痛い

                        マラソン1年生だから仕方がないか。
                        また今度のフルマラソンまでもっと鍛えるぞ、と誓ったのでした(笑)




                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        252627282930 
                        << June 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recommend

                        links

                        profile

                        書いた記事数:28 最後に更新した日:2013/07/18

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM